お問い合わせ
イー・アンド・イー ソリューションズ株式会社
事業内容

資源循環

当社は、非鉄金属鉱山事業や環境事業を行うDOWAグループの一員であり、DOWAグループが持つ国内外のネットワークなどを活用して、資源循環の促進による循環経済の構築に取り組んでいます。
ホーム > 事業内容 > 調査 > 資源循環

市場・トレンド

産業革命以降の世界人口の指数関数的増加と新興国での中所得者層の拡大に伴い、資源の需要は今後も高まっていくものと考えられます。
一方、天然資源の資源量は有限のため、今後、資源制約のリスクを抱えながら、どのように持続可能な発展をしていくかが世界共通の課題になっています。
01
一次資源の確保支援
脱炭素化社会への移行やデジタル化社会への移行に伴い、非鉄金属の需要が一層増加しています。しかし、近年は鉱石の品位が低下しているとともに、資源獲得競争の激化や価格高騰などが懸念され、高まる需要に対する安定した供給が課題となっています。
当社は、鉱物資源開発に伴う環境社会影響への対応に関する調査、資源開発に関する制度的枠組みの整備や技術開発に向けた支援を行っています。
サービス事例
鉱物資源開発の側面支援(経済性調査、他国/国際機関の開発主体・規制当局の動向調査)
鉱物資源開発に伴い生じうる、有害物質管理に関する制度・技術調査
鉱物資源開発に伴い生じうる、環境と社会への影響に関する調査
循環経済(Circular Economy)
資源や製品などをあらゆる経済活動の段階において循環させ、資源投入量・消費量と廃棄物発生量を最小化し、その循環の中で付加価値の最大化を図る新しい経済成長モデルです。
従来の経済活動である、資源や製品を大量生産・大量消費・大量廃棄する一方通行の線形経済(Linear Economy)からの脱却を図り、経済成長と環境負荷低減を両立する持続可能な社会を実現する取り組みであり、欧州を中心に実践が始まっています。
02
二次資源の確保支援
日本は天然資源に乏しく、資源確保には二次資源の有効利用が重要です。
資源は一定の量と品質が確保されてはじめて資源とみなし得ます。量の確保にあたっては廃棄物を集約する仕組みの構築が、質の確保にあたってはリサイクル技術の検証が求められます。
当社は環境事業を展開するDOWAグループとも協力し、廃棄物を集約する仕組みの構築や技術の開発・検証支援に取り組んでいます。
サービス事例
有用金属等を含む廃棄物の集約システム構築に向けた制度・技術調査、実証事業推進
集約した廃棄物からの資源回収・利活用に関する制度・技術調査、実証事業推進
廃棄物処理事業の事業性・環境社会デュー・ディリジェンス

 

CONTACT

お電話、またはメールにてお気軽にお問い合わせください。
03-6328-0080受付時間:平日 10:00~17:30(土日祝除く)